通信教育

タブレット教材を比較してみた。『進研ゼミ』『スマイルゼミ』『Z会』はどこがいい?

更新日:

タブレットPCを使う通信教材で人気がある進研ゼミスマイルゼミZ会タブレットコースの3つを比べています。

1日の学習時間

1日の学習時間はZ会>スマイルゼミ>進研ゼミ(ハイブリッド)≧進研ゼミ(チャレンジ)です。

小学4年生のお子さんの場合、学習時間の目安は下記の通りです。

  • 進研ゼミ(チャレンジ):10分
  • 進研ゼミ(ハイブリッド):15分
  • スマイルゼミ:20分~30分
  • Z会:30分

使用するタブレット

  • 進研ゼミ(チャレンジ):独自タブレット
  • 進研ゼミ(ハイブリッド):iPad
  • スマイルゼミ:独自タブレット
  • Z会:iPad・android

いわゆる有害サイトなどの子供のネット利用の弊害を考えれば独自タブレットが安心ですよね。普段からiPadを使っているご家庭なら、タブレット教材でiPadを使うのもよいでしょう。

※iPadを使う家庭向けの注意
進研ゼミのハイブリッドコースやZ会のタブレットコースはiPad miniでも受講すること自体は可能ですが、画面の小さなiPad miniだと漢字の書き取りが難しくなります。少々お値段が張ってしまいますが、画面が大きなiPadやiPad Air、iPad Proをお勧めします。

料金比較

小学4年生の場合は下記の通りです。※オプション教材やタブレット本体の料金は含んでいません。

  • 進研ゼミ(チャレンジ):4,865円
  • 進研ゼミ(ハイブリッド):5,293円
  • スマイルゼミ:4,900円
  • Z会:7,200円

担任制・先生の添削の有無

  • 進研ゼミ(チャレンジ):担任なし・添削は年3回
  • 進研ゼミ(ハイブリッド):担任あり・添削は毎月
  • スマイルゼミ:担任なし・添削なし
  • Z会:担任あり・添削は毎月

で、結局どこがいいの?個人的なおすすめはスマイルゼミです

保護者として安心できるのはスマイルゼミです。独自タブレットでネット利用の弊害をクリアしているのはもちろん、子供へ勉強したご褒美としてスターアプリを用意していたり、お子さんの学習状況をとても詳しく把握できる「見まもるネット」があります。

コスパを考えれば進研ゼミのハイブリッドコースでしょう。タブレットだけでなく「紙に書いて学習する」ことができますし、赤ペン先生の添削が毎月あります。

>>スマイルゼミ公式サイトはこちら

>>進研ゼミ 公式サイトはこちら

-通信教育

Copyright© 小学生の通信教育比較サイト , 2018 AllRights Reserved.