ブンブンどりむ

ブンブンどりむは小学生の作文力・国語力アップに特化した通信教育です。

書くことへの苦手意識をなくすことからはじまり、さまざまなテーマで自分の文章をまとめることを目指します。小学生のうちから作文に取り組むことで、将来の幅を広げたいという方にお勧めです。

学習時間の目安は1日10分、1年間で30以上のテーマに取り組みます。

>>ブンブンどりむ公式サイトはこちら

ブンブンどりむの詳細

教材名 ブンブンどりむ
教材タイプ テキスト教材
教科 作文・国語
添削指導 あり
教科書準拠 準拠ではない
受講費/月 4,500円~
受講費/年 49,200円~
公式サイト http://www.bunbun-dorimu.net/
  • 作文・国語に特化したテキスト教材
  • 専門家監修による作文ノウハウと添削指導で子供の意欲を伸ばせる
  • 子供の実力に合わせたコース選択が可能

教科書準拠ではなく、学校の復習に使うタイプの教示ではありません。国語力や作文力を養いながら子供の視野を広げる教材です。

表現力や考える力の向上

相手に対して自分が伝えたいことが分かるように言葉を選んで話せます。「何を書いたらいいかわからない」という状態から、じっくり考え、自分がこう思うという意見を持つことができます。

読解力アップで算数や数学が伸びる可能性がある

国語力が伸びることで成績アップするのは国語だけではありません。

高学年になり、中学・高校と進学していくと、数学ができない人ほど「この設問では何を問われているのか?」が分かっていないという特徴があります。

設問を見ても何を問われているのかが理解できずに不正解になってしまうという蟻地獄から抜け出すことができます。

ブンブンどりむの注意点

ブンブンどりむで気になるのは「値段の高さ」と「添削された作文が返ってくるまでの時間」です。作文のみで月額4,500円~ですから、市販の問題集と比べたらかなり高く感じてしまいます。

通信による添削指導なので、子供が作文を書いた日と先生からの添削が返ってくるまでにラグがあります。添削が返ってきた時にお子さんが内容を忘れかけている可能性がありますから、子供をもう一度集中させて添削指導を活かす工夫が親御さんに求められます。

まずスマイルゼミ進研ゼミを考えた上で、それでも作文力を高めたいならブンブンどりむでしょう。

進研ゼミのハイブリッドコース(紙教材+タブレットを使うコース)なら、赤ペン先生の添削がすぐにiPadに返ってくるというメリットもあります。

コース別の受講費

コース 受講費/月 受講費/年
ワクワク入門コース 4,500円 49,200円
ドキドキ基礎コース 4,950円 54,250円
グングン上達コース 4,950円 54,250円
メキメキ応用コース 4,950円 54,250円
トコトン実践コース 4,950円 54,250円
バッチリ完成コース 4,950円 54,250円

まずは無料体験キットから

現在は「書く力」が重視されている時代ですから『早めに作文学習に取り組むのが良い』と言われます。国語・算数・理科・社会なら市販問題集で賄えるとしても、作文に関しては一人で上達していくのはなかなか簡単なものではありません。

お子さまの作文力を改善したいと思ったら、無料体験キットを試してみてください。

>>ブンブンどりむ公式サイトはこちら

更新日:

Copyright© 小学生の通信教育比較サイト , 2017 AllRights Reserved.